1,不動産ご購入の相談

豊富な情報と知識を持ったスタッフが、お客様の様々なご要望にそったアドバイスをいたします。

【パートナー選び】
「お住まいの購入」は、 人生のうちにそう何度もあるものではありません。
それだけに、できるだけ条件が良く、みなさんが納得のゆく物件を購入したい
ものですね。
そのためには、専門の知識を持った「信頼できるパートナー選び」は
大切な第一歩です!ご購入される立場に立って、様々なご要望やご期待に
お応えする【センチュリー21檜ハウジング】のスタッフは常にお客様の
気持ちになって、心のこもったお手伝いをさせて頂きます。
【ご購入計画の整理】
ご購入物件を決めるにあたって、物件の価格、地域、環境や利便性、広さや間取り、
どれも重要な要素となってきます。しかし不動産には長所や短所があり、限られた予算や時間の中で
お客様のスタイルに合った物件を探し出すためには、事前にご希望条件に優先順位をつけて
明確にしておくことが重要となってきます。

○明確にしておきたいこと
・月々の返済可能額がいくらくらいなのか  
・将来の返済計画に無理がないか
・地域を明確にする場合、第1希望から第3希望くらいまで考えておくことをお勧めいたします。
・暮らし方から、マンションか戸建か?どれくらいの広さや部屋数が必要なのかを
 考えておきましょう。
・現在のお住まいで改善したいところ、住み替え先での希望などを考えてみましょう。




             
       
      宅地建物取引業を営むには、宅地建物取引業法の規定により、国土交通大臣または
都道府県知事の免許を受けることが必要です。
各事業所には、免許番号や有効期限を記載した『宅建業者票』の表示が
義務づけられています。
免許には国土交通大臣免許と都道府県知事免許の2種類がありますが、優劣はございません。
また、免許番号の(  )の数字は免許の更新回数です。
更新は5年に1回行われます。
各営業所には従業員数5人に対して1人、専任の宅地建物取引主任者を
設置する義務がございます。
     
       
      不動産業界にはいくつかの業者団体がございます。
各団体への加盟にあたっては、一定の基準で資格審査が行われております。
なので、業者団体へ加盟しているかどうかも業者選びのポイントです。
[主な業者団体]
社団法人 全国宅地建物取引業協会連合会/社団法人 全日本不動産協会
社団法人 日本住宅建設産業協会/社団法人 不動産流通経営協会
     
             
センチュリー21檜ハウジングの会社概要


売買Top全体の流れStep2