不動産住宅ローンについて

住宅ローンの内容をまとめてみました!

住宅ローンの金利

■□■各銀行名をクリックしてください■□■三井住友銀行三菱東京UFJ銀行りそな銀行みずほ銀行関西アーバン銀行近畿大阪銀行池田泉州銀行紀陽銀行南都銀行京都銀行クレディセゾン

続きを読む

住宅ローンの繰上げ返済

住宅ローンの繰上げ返済 繰上返済は、住宅ローンの将来の支払利息を軽減する効果があります。なので、手元に余裕資金がある、金利が低く預貯金の利息が増えない場合などは、貯めるよりも、将来の返済分を着実に減らすほうが金額的にも効果が大きく、家計管理を意識している家庭ではよく実施しています。 繰上返済...

続きを読む

住宅ローンの借り換え

新たな住宅ローンを借入れて得た資金で、今までの住宅ローンを一括返済することが住宅ローンの借り換えです。金利が下落している状況では、よく実施されてきました。そのメリットやデメリットおよび注意点は次のとおりです。 <借り換えのメリット> 今までの金利より低い金利のものに借り換えることにより、支払...

続きを読む

頭金とローンのバランス

住宅購入までに、どのくらいの貯蓄が必要? 頭金は最低2割が必要です、と言われますが、これは金融機関の多くが物件価格の8割を上限としているためです。住宅購入に際しては、物件価格以外に、ローン手続き、登記(不動産登記簿)などに諸費用がかかります。この諸費用は自己資金として貯めたものから出すことに...

続きを読む

住宅ローンの融資可能額

住宅ローンの融資可能額とは? 住宅ローンには、金融機関で異なりますが、「いくらまでなら貸してもらえる」という融資限度額があります。大きく分けて融資限度額は、物件による制限(担保価値)と借入者の収入による制限の2つがあり、いずれか低い方が融資額の上限となります。言い換えるなら、両方の制限に引っ...

続きを読む

不動産住宅ローンの選び方

住宅購入までに、どのくらいの貯蓄が必要?頭金は最低2割が必要と言われていますが、これは金融機関の多くが物件価格の8割を上限としているためです。 住宅ローンの融資可能額は?住宅ローンには、金融機関で異なりますが、『いくらまでなら貸してもらえる』という融資限度額があります。 収入合算とは?住宅ロ...

続きを読む

収入合算で借入額を増額

収入合算とは? 住宅ローンの融資可能額を決める要素のひとつが、借入者の収入です。収入が多いほど融資可能額は多くなります。本人の収入だけでは借入希望額について収入条件を満たさない場合、配偶者や親、子など同居予定の家族で安定的な収入がある人がいれば、その収入を加えることができます。これを「収入合...

続きを読む

住宅ローンの返済方法

住宅ローンには、大きく元利均等返済方式と元金均等返済方式の2つがあります。 特徴とメリットおよびデメリット 返済方法特徴メリットデメリット 元利均等返済方式 毎回の返済額(元金と利息の合計)が同じ金額になるように返済する方法 毎回の返済額が同じなので、長期にわたる返済計画が立てやすい臨時に繰...

続きを読む

住宅ローンの組み合わせ

住宅ローンには多くの種類がありますが、住宅ローンは金額も大きくなるので、1つの住宅ローンのみでなく、いくつものローンを組み合わせるケースがよくあります。従来は、公的ローンを優先に、住宅金融公庫・年金住宅融資・財形住宅融資の順番で利用し、その借入限度枠をオーバーする部分について、民間の金融機関...

続きを読む

個人信用情報をチェック!

カードローン残高や返済履歴を調べられる銀行がチェックするポイント 完済時の年齢や、勤続年数 担保価値(購入する物件の担保評価) カードローンなどの残高や返済履歴 正社員か非正社員かの雇用形態 勤務先の規模 年収(返済比率を計算する)他にもありますが、銀行によってチェックするポイントが変わります...

続きを読む