仲介による不動産売却は、一般的に多く採用されており、通常、不動産売却というと、
仲介での売却方法が想像されます。

日常生活でも、チラシやインターネットなどで、どのように買主を探しているかを見かけることが出来ます。
仲介で依頼する場合は、不動産屋さんとの契約形態を決める必要があります。(媒介契約)




契約形態は3種類ひらめきあり、契約形態により、制約事項などが存在します。
属専任媒介契約 1社の不動産会社にしか、依頼が出来ません。
また、自分で購入者を探して来る事も出来ません
1週間に1回以上の業務報告
レインズへの登録義務有り
専任媒介契約 1社の不動産会社にしか、依頼が出来ません。
ですが、自分で購入者を探してくることは可能です
2週間に1回以上の業務報告
レインズへの登録義務有り
一般媒介契約 複数の不動産会社に、依頼出来ます。
また、自分で購入者を探して来る事も可能です
業務報告 任意
レインズへの登録 任意

※媒介契約期間は最長で3ヵ月です。それ以上の期間での契約はできません。



 

 

不動産を売りたいお客様と買いたいお客様の間に立ち、適正で安心できるお取り引きを
実現していきます。売主様に対しては、土地、建物、周辺環境、法令上の制限など
専門知識に基づく様々な調査を行い、取引事例をもとに適正な価格をご提案し、
お客様にご満足いただけるよう販売活動に最善を尽くしていきます。